2014年01月16日

ジェネリック製品 銃器界では当たり前?

て銃器界では常識となっていますが、医薬品に続いて家電業界にも

ジェネリックの波がやってきたようです。

詳しくはコチラ

ガバやAR系のクローンに慣れ親しんだミリポリファンにはよく分かる話です。

なんだか“ジェネリック”というとポジティヴですね。(実際はパクリとかコピーで好き放題)

しかし銃器界でクローン(ジェネリック)が一般的なのは、極めて保守的
な性格を持つ製品群だからでしょう。

ガバメントに至っては1911年から存在し続けている訳ですし、AR‐15も1957年の誕生です。

ところで“キャリバー.50”も1933年からのベテランですしクローンもあります。
日本軍でもコピー改良品を航空機等に使用していましたし、現在でもライセンス
生産をしていますが未だにデッドコピーだそうです。
住友重機改ざん問題

ライセンス生産も満足に出来ない品質の上に値段まで高いのでは、これはジェネリックと
呼べるレベルではないでしょう。

しかしこれは日本の防衛産業が国際競争のない中で、発注者共々もたれあいを続けた
結果であり、今後武器輸出が進めば世界中の銃器メーカーと競合する訳ですから、その
品質は否応なく向上を見るのではないでしょうか。

家電業界とは逆に、日本のミリポリ系銃器界は随分立ち遅れているという事です。










Posted by amemiya  at 21:00 │Comments(0)背景知識

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。